婚約指輪をなくしてしまったら、まずどう対応すべきか考えよう

婚約指輪をなくしてしまったというとき、頭の中は真っ白になってしまいますよね。

だって一生に一度、大切な人から贈られる人生の中でも大きな喜びの贈り物です。

男性はどんな婚約指輪にしようか悩んで購入してくれているでしょうし、プロポーズを一緒に行う場合、その指輪にありったけの思いを込めていることになります。

そんなお二人にとってとても大切な指輪をなくされてしまったのですから、多分本人が一番ショックです。

<ックを受けてばかりもいられません。

婚約指輪をなくした現実を受け入れて、まず、どこでなくしたか?ということを考えてみましょう。

何時はめていたか、どの時点まで指にはまっていたか、出かけたお店や場所などを思い出してみましょう。

保管していたはずの場所にない・・・という場合、どこかほかに保管しようと思った場所がないか記憶をしっかりたどってみましょう。

出かけていたことが定かで、もしかして落としているかも?と思ったら、警察に落し物がないかどうか確認し、届出を出しておきましょう。

無くなるのは紛失だけではなく盗難というケースもあります。

婚約指輪が盗まれた時の対処方法の参考記事のご紹介です。[URL:http://allabout.co.jp/gm/gc/220998/