婚約指輪の紛失、正直に話すべき?

婚約指輪をなくしてしまった場合、どこを探しても出てこない、警察に届けても連絡がない、という場合、そこで必要になるのが彼に話すかどうか、ということです。

結婚指輪の場合毎日はめている人が圧倒的に多いと思いますが、婚約指輪の場合毎日はめているという方は少ないです。

毎日はめている指輪がない、ということになるとパートナーはきっと気が付きます。

でも婚約指輪の場合、毎日目にするものじゃないので、彼は気が付かないと思います。

さてここで、彼の性格を考えてみましょう。

なくしたということを正直に告げても、多分許してくれるだろうと思う彼か、それともものすごく怒ってしまう彼か。

もし彼が婚約指輪を紛失したことに気が付いていないのなら、彼の性格をよく考慮して正直に話す、話さないで何らかの対策をとる・・・と考えていくのが無難じゃないでしょうか。

男性によっては婚約指輪をなくすなんて・・とショックを受ける人もいれば、また買えばいいじゃん、正直に話してくれてよかったよ、という方がいると思います。

彼の性格をよく考えてみて。