婚約指輪を失くさない様に気をつけること

大切な婚約指輪を無くしてしまった!なんて嘆く前に、最も大切なことは婚約指輪を失くさない様に気をつけることを考えてみましょう。

正直、男性は一生懸命働いて得たお金を、その婚約指輪に注いだ訳です。

それまで付き合っていた中でも最も高価な贈り物であると言う人がほとんどでしょう。

そんな思いで購入してくれた婚約指輪なのですから、普段から失くし物の多い人は失くさない努力をすると言うことをしても良いと思います。

婚約指輪を失くしてしまうことがあるというのは、どうしてかといえば、それはダイヤモンドなどの宝石があしらわれていることもあって、普段身につけていても、手を洗ったり、何か作業をする時に、汚れたり傷つかない様にするために一時的に外す人が多いからなのですね。

基本的に指輪というのは、外さなければ失くすということはあまりないのですよね。

婚約指輪がぶかぶかで落としてしまうなんて言う人は言語道断、サイズがあっていない人は即お直しするべきです。

サイズがあっていないと、お料理中に食材に混じってしまったり、何か作業に夢中になっているうちに抜け落ちてしまったり、排水口に流してしまったなんて言うケースもありますが、こういった不注意はサイズを直すだけで避けることができます。

サイズはあっているけど、外す機会が多いという人は、外した後に入れておくケースを持ち歩き、必ずケースにしまう、もしくは、ペンダントトップとして身につけるなどすると良いのではないかと思います。