婚約指輪をうっかりなくしてしまったら

婚約指輪は特別な指輪ですし、女性にとって一生物となります。
婚約指輪は立て爪が主流ですが、爪を短めにすれば普段からも身につけていられます。
ダイヤを支える爪が短いとカジュアルダウンしてしまうのでは?と思われるかもしれませんが、ここはダイヤモンドですから安っぽく見る事はないでしょう。

定番の立て爪タイプの場合は普段使いには少しバランスが悪いので、特別な時だけ付けるという人もいます。
この場合、使わないときは宝石箱などにいれタンスにしまっておきますね。
しかし何があるかわからないこの世の中、大切にしまっておいた婚約指輪が空き巣被害にあい盗まれるという事件もあります。

普段遣いの人は付けたままという事が多いのですが、たまたま外して置いておいた時、気づいたら婚約指輪が消えていたという事もあります。
このように絶対に紛失したり盗難に合ったりしないという保証もないので、婚約指輪をなくしてしまった時はパニックになってしまいますね。

もし婚約指輪をなくしてしまったら、最後に置いた場所やしまった場所をも一度探してみましょう。
排水口に落ちているというケースもありますし、タンスの奥に入り込み見えなくなっているだけかもしれません。

もしもの時に備えて、購入時には紛失保証をつけておくのも良い方法です。
どうしても見つからない場合は、念のため警察に紛失届や盗難届けを出しておきましょう。
そして彼氏や旦那様にも、正直に話しどうするか話し合ってください。